1. TOP
  2. 副業
  3. インターネット副業は安全か?危険性と種類別の対策について

インターネット副業は安全か?危険性と種類別の対策について

副業  

危険

会社員や主婦の間で、インターネット副業が流行っています。

まだはじめていない人は、インターネット副業は安全なのか?危険ではないのか?ということは気になります。なんとなく危険な気がすると不安に感じる方もいます。

今回はインターネットで副業をはじめるにあたり、ネット副業の危険性とその対策について確認をします。

ネット副業にはどんな危険があるのか

疑問

ネット副業が危険だとしたら、具体的にどのような危険があるのか見ていきましょう。

個人情報の流出

自分の個人情報が流出してしまう不安がある方はいると思います。

具体的な個人情報としては、名前、住所、電話番号、メールアドレス、クレジットカード情報などがあります。

お金をとられる

何かの理由で自分のお金を払ってしまい、それに対するリターンがないということがあります。

詐欺のようなものです。

報酬の未払い

せっかく稼いだ報酬が支払われずに未払いということがあります。

苦労して貯めたポイントが換金されないのは悲しいです。

副業種類別の危険性と対策方法

対策

副業の種類によって危険と対策方法が変わります。危険があったとしても、しっかりと対策さえ分かっていれば大丈夫です。

今回はこの4つの副業について確認をします。

詳しい副業の内容については、こちらの記事でまとめています。

在宅&インターネットで稼げる副業12種類【2017年】

ポイントサイト

お手軽にはじめることのできるポイントサイトは昔から人気です。

どのような危険があるのでしょうか。

【危険1】個人情報の流出

ポイントサイトの副業はポイントサイトに登録をする必要があります。

登録した個人情報が流出してしまう可能性が0ではありません。

【危険2】換金できない(報酬の未払い)

ポイントサイトによっては、貯まったポイントが換金されないということがあります。

【対策1】信頼できるポイントサイトに登録する

個人情報が流出してしまうのは、信頼できないあやしいサイトです。

大手ということや有名なポイントサイトもありますので、そのような信頼できるサイトなら個人情報の流出の心配もありません。

信頼できるポイントサイトなら、換金されないということもありませんので、信頼できるポイントサイトなら危険はないと考えます。

【対策2】フリーのメールアドレスをつくる

信頼できるサイトならメールアドレスの流出も心配はありませんが、念のためフリーのメールアドレスで登録しておくことで、さらに安全になります。

メールアドレスが流出してしまうと、迷惑メールが大量に来てしまうかもしれません。万が一メールアドレスが流出してしまっても、フリーのメールアドレスなら大量の迷惑メールが来ても大丈夫です。

フリーのメールアドレスはどんな副業でも、専用のメールアドレスをつくることをおすすめします。流出しないにしても、プライベートのメールアドレスだと、副業のメールとごちゃごちゃになってしまいます。

転売

いろいろな種類の転売がありますが、その危険や対策方法は共通しています。

転売にはいろいろな危険がありますので、しっかりと確認をしましょう。

【危険1】セミナー・情報商材・高額塾に注意

転売をすすめるセミナーや情報商材が多く存在します。情報商材とはインターネット上で買う教材のようなものです。

無料や安いセミナーに参加をしてもらい、そのあとに高い情報商材や高額塾へ誘導することもあります。高いと数十万円にもなり、買っても稼げない人が多いです。副業で稼ごうと思っているのに反対に高額なお金を支払い、さらにはお金を払っても稼げないということになってしまいます。

騙す

【危険2】個人情報の流出

転売の場合には、ポイントサイトのようにサイトから個人情報が流出するというよりは、仕入れをしたお店からクレジットカードや住所などの個人情報がもれてしまうということが怖いです。クレジットカードの情報がもれてしまうと、クレジットカードを不正利用されてしまうかもしれません。

他にも、買った相手に発送する時の発送伝票から、自分の住所などが流出してしまう可能性もあります。

【危険3】お金を払ったのに商品が届かない

仕入れをする時には、基本的に先にお金を支払わないとお店は商品を発送してくれません。先にお金を支払ったのに商品を発送してくれず、お金だけとられてしまうということがあります。

【対策1】主催者や販売者を調べる

セミナーの主催者、情報商材の販売者などのことを事前にしっかりと調べましょう。今ではネットで調べるといろいろな情報が出てきます。中には正しくない情報などもありますが、何も調べないよりはマシです。

【対策2】何度かセミナーに参加してみる

セミナー

無料や比較的安いセミナーも数多くあります。そのようなセミナーに何度か参加することで、主催者の人柄や主催者の周りに集まっている人がどんな人なのか分かります。

あやしい人の周りには、同じようにあやしい人が集まっていることもあります。気になるセミナーがあればまずは参加してみましょう。不安なら知り合いなどと参加するといいでしょう。

セミナーだけなら参加費のみの出費です。何度か参加してみて、信頼できる人だと感じたら情報商材・高額塾・コンサルなどを検討するのもいいでしょう。

【対策3】信頼できるお店で仕入れをする

国内、海外を問わず、インターネット上にはたくさんのお店があります。

国内で仕入れをする場合にはAmazonなどは有名です。しかし、中には自分が探しいている商品が、まったく知らないこのお店にしか売っていないということもあります。知らないお店で仕入れをする時には、まずはお店の情報を確認しましょう。

確認する情報としては、お店の住所や電話番号、メールアドレスがフリーアドレスではないかということが重要です。お店の住所などがないからといって、かならずしも危険というわけではありませんが参考になります。

信頼、信用

【対策4】銀行振込で支払いをしない

先に商品代金の支払いをしても、ショップから商品が発送されないということがあります。このような場合には銀行振込で代金を支払っています。クレジットカードやPaypalでの支払いに対応しているようなら、銀行振込で支払いをしないようにしましょう。

詐欺サイトの中には銀行振込しか受け付けていないことがあります。このようなサイトは要注意です。

Paypalならクレジットカード情報をお店に教えることなく、クレジットカードで支払うことができます。また、商品が壊れている場合や商品が届かない場合には、Paypalが仲介して解決してくれるので安心です。

信頼できるお店と判断できたら銀行振込でも大丈夫です。不安な場合には銀行振込はやめましょう。

【対策5】発送代行会社や匿名配送を利用する

普通なら商品を自分の家から発送します。しかし、商品の発送を代わりにしてくれる発送代行会社へ発送し、商品が売れたら発送代行会社から購入者へ商品を発送してくれるサービスがあります。

また、自分の代わりに商品を受け取って検品をしてくれて、さらにはそのまま商品の保管や売れた時には購入者へ発送してくれるサービスもあります。

他にも、特にフリマアプリでは配送会社と連携をした匿名配送があります。匿名配送は自分の住所や名前などの個人情報を相手に教えることはなく、商品を発送することができます。

FacebookやTwitterなどのSNSが当たり前の時代です。本名だけでも多くの情報を知られてしまうこともあります。特に女性の場合には、自分の個人情報を教えることに抵抗がある方も多いです。

SNS

在宅ワーク

記事を書いたり商品の出品をしたりなど、空き時間にパソコンを使った在宅ワークをする方も増えています。また、そのような在宅ワークを探せるサイトも増えています。

在宅ワークを探すサイトにもよりますが、やり取りは直接するのかサイト内を通すのか、本人確認はするのかしないのか、お金は直接振込するのかサイトを通すのか、ということによってもどのような危険があるのか変わります。

【危険1】個人情報の流出

お仕事を依頼する方へ自分の名前や住所、メールアドレスを教えた場合には、その情報が流出する可能性があります。在宅ワークなので個人情報を教えずにお仕事ができると考える人もいるかと思いますが、これはお仕事を依頼する方によってさまざまです。

【危険2】報酬の未払い

報酬などのやり取りもサイトによって違います。直接口座に報酬を振込されることもあれば、サイトを通して報酬が振込されることもあります。

報酬を直接口座に振込してもらう場合、お仕事をしたのに報酬が振込されないということがあるかもしれません。

【対策1】本人確認ができるサイトを利用する

サイトによっては免許証などで本人確認ができるサイトがあります。依頼主が本人確認をしているのかどうか確認しましょう。本人確認ができている依頼主なら本人確認をしていないよりも安心できます。

【対策2】個人情報が必要ないお仕事のみを選ぶ

個人情報の提出をしないでもできるお仕事を選べば安全です。

メールアドレスを交換しないでも、やり取りはサイト内でできるところもあるので、不安な場合にはそのようなサイトのみを利用するようにしましょう。

住所、名前、メールアドレスを交換しないでもできるお仕事をあります。

不安

【対策3】やり取りや報酬を仲介してくれるサイトを利用する

お仕事の募集や応募を仲介してくれるサイトがあります。そのようなサイトでは、報酬の一部が仲介サイトの手数料となるため、依頼主は先に仲介サイトに報酬を支払います。

お仕事が完了したら仲介サイトから手数料が引かれて、お仕事をした人に振込されます。

手数料こそ引かれてしまいますが、お仕事をすればちゃんと仲介サイトから報酬が振込されるので安心です。

アフィリエイト

初期費用が少なくはじめられることから人気の副業です。

【危険1】個人情報の流出

セキュリティ

アフィリエイトではASPといわれる広告代理店に登録する必要があります。

ASPへの登録には、自分の名前や住所、メールアドレス、報酬を受け取る銀行口座が必要です。これらを登録する時点でお金がとられるということはありませんが、個人情報がもれる可能性は0ではなくなります。

【危険2】報酬の未払い

広告主の商品を紹介して、せっかく売ったのに報酬が支払われないということがあります。

こちらのお金こそ支払いませんが、報酬が支払われなければ努力が水の泡です。

【対策1】信頼できるASPに登録する

せっかく稼いだアフィリエイト報酬を支払わないという、悪質なASPが存在します。

このような詐欺ASPに登録をしないよう、事前にしっかりと会社情報などの運営情報を調べましょう。

インターネットでも評判などが確認できます。

大手ASPなどなら安心です。

まとめ

喜ぶ少女

完全なノーリスクでお金を稼げる副業は存在しません。ご紹介したようにネット副業をするということは、何かしらの危険があります。しかし、その危険性を理解してしっかりと対策することで、リスクがリスクではなくなります。

副業をはじめたいけど、怖くてはじめられないという方もいると思いますが、それでも今までと何も変わりません。対策をして少しでも一歩前に進みましょう。

 

\ SNSでシェアしよう! /

未来をつくるミライプ ミライサポートプラスの注目記事を受け取ろう

危険

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

未来をつくるミライプ ミライサポートプラスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!